思い出をオーダーメイド長財布に

こんにちはesola.(エソラ)です。

今日は長財布をオーダーメイド頂いたお客様に

何でこの写真なんですか?とお聞きしたところ

丁寧にメールでご回答いただきましたのでご紹介させていただきます。


(メールより)

8年間乗り続けた愛車、RX-7。
この美しいフォルムに惹かれて21歳のときに中古車で購入。
起業を機に、乗れる環境ではなくなってしまったので手放すこととなりました。

ただの愛車というよりは「8年間の苦楽を友にしてきた相棒」という感覚です。
いつも身につける財布にプリントしてもらいました。

このクルマで色々なところに出かけました。
このクルマにドライビングの楽しさを教わりました。
このクルマを通して沢山の友情もできました。
私の青春には常にこのクルマがありました。

街を走っていると、子ども達のヒーローになれます。
駐車場に停めていると色々な人に声をかけられます。
同じRX-7とすれ違うと、初対面なのに手を振ったりします。

ただの移動手段以上の価値が、このクルマにはあります。

今、次のオーナーを探しているところですが、
大切にされながら余生を過ごしてくれることを願ってます。


本当に思いが詰まっていて作らせて頂けてよかったなーと

思いました。

永くお使い頂けると嬉しいです。ありがとうございました。

思い出を財布にオーダーメイド。是非お待ちしております。